回遊性の重なりがもたらす家族の賑わい

敷地は西宮苦楽園の斜面地に造成された高級住宅団地。東に大阪が遠望できる景色の良い場所です。

約8Mの長さのキッチン・ユーティリティー作業台を住宅の中心として、ダイニング・水廻り・フリースペースである勉強室等を大きな吹抜空間で包み込んだ、おおらかな空間です。この8Mのキッチン・ユーティリティー作業台は、ホームパーティの際には料理や食材がたっぷりと並び、日常的には子供たちが椅子を持ち寄って勉強するなど、多目的に家族のための場所を提供します。この場所は、活発な子供たちを見守る母親の立ち位置であり、吹抜を介して家の中の全ての気配が集中する場所でもあります。

1階は、キッチン→ユーティリティー→水廻り→ダイニングと回遊できるループと、キッチン→リビング→子供スペース→テラス→ピロティーという外部を含めて回遊できるループが重なり合っています。

2階においてもブリッジと屋上テラスを介してぐるりと一周でき、家全体に高い回遊性を生み出し、家の隅々にまで活発な人の動きの影響が行き渡るようにしています。

東方向の眺望に向かって開かせると同時に、陽の光を家の奥にまで行き渡らせるために、大きなブロックをずらしたような構成をとっており、家の内部・外部に様々な異なったシーンが展開します。

Information
建築地兵庫県西宮市
主用途住宅
構造木造
規模地上2F
竣工年2006年3月
備考AICAジョリパット施工例コンテスト優秀賞